過払い金請求は弁護士に相談を

借金を返しているのになかなか完済しない金利が高かったのでずっと返済をしているような場合は、過払いになっている可能性があると思います。法改正の前に、消費者金融などでした借金の場合には過払いになっているのかもしれないので、調べてみるべきです。法律が改正される以前の借入金では、現在よりかなり高い金利で貸していたという問題があり、無駄なお金を支払っていることもあるのです。

 

それで昔の借金がある人で何年もも借金返済を繰り返しているという人は、もしかすると過払いがあるかもしれません。調べて、過払い金があった場合は、借金問題が専門の弁護士などもいますので、現在の法律の金利で、計算して調べてもらうことができます。借金返済の過払い引きなおし計算をした場合に、ほんとうは、すでに返済が終わっていたということになることもありますし、それ以上に、払っていることがわかれば、帰ってきます。

 

過払い金があって、お金を取り戻すことができた人では、200万円借金がまだ残っていると思っていたのに、引き直し計算をしたところ、借金は完済していたことがわかり、そして、なんと368万円の過払いが判明して、お金が返って来たそうです。この事例では、10年以上もの間、この借入の返済を行っていたので、このような結果になったのですが、こういうことは実際あるので、今も、だいぶ昔の借金を返し続けていたら、返す必要がないどころか、お金が返ってくるかもしれませんので、一度確認してみるといいですね。